「顎(あご)と頭痛【顎関節症】」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

顎(あご)と頭痛【顎関節症】

顎(あご)と頭痛【顎関節症】

 

 

日本人の多くの方が抱えている悩みの一つ、頭痛。

 

頭痛も様々な要因がありますが、

その一つは顎にあるかもしれません。

 

顔にもたくさんの筋肉がついているんですが、

顎の筋肉は頭蓋骨にも付いているため、

顎の状態がおかしくなってしまえば当然、頭蓋骨を引っ張ってしまいます。

 

 

顎を動かす側頭筋という筋肉の緊張すると、 

側頭筋はこめかみについているので、

こめかみ付近が痛い頭痛は

顎の歪み、顎関節症からきている可能性があります。

 


また、ズキンズキンと脈打つ片頭痛で悩んでいる人も

も顎に原因があるかもしれません。

 

片頭痛は長く緊張状態にいた後に

リラックスした時に起こることが多いとされます。

 

平日は仕事で緊張して

週末の金曜日の夜や土曜日に頭痛が起こる事が多い方は、

緊張時に顎を噛み締めていないかチェックしてみてください。

 


頭が重い感じがする症状も顎のずれや緊張から

頭蓋骨の中の血液や脳脊髄液の循環が

うまく流れていない可能性があります。

 

こういった頭の重さも

顎関節の歪みを治すことで収まることも多いです。

 

 

 

最近、若い女性に顎関節症(顎関節の歪み)が

急増中とされています。

放置していても痛みが自然に治る軽症から、

仕事はおろか日常生活さえままならない

重症の患者さんもいます。

 

ここ十数年で15倍にも増加したとも言われます。

 

 

女性の方が筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高く痛みに敏感、

男性よりも骨格や靱帯が弱い、

女性ホルモンに関係がある、などと言われています

 

頭蓋骨との関係性から

自律神経失調症やうつ病の方に顎関節症が多い、

ということも言われています。

 

硬いものを噛んだ、

ストレスや運動で強く噛み締めた、

虫歯の治療をした、歯を抜いた、

頬杖をつく習慣がある、など

顎関節が歪む原因はさまざまです

 

食事をしたり、話をしたりする時に

顎はかならず使う大切な部位です。

 

だからこそ、このたいせつな顎関節、

歪んでいないかどうか

チェックしてみる必要があります

 

 

 

上部に戻る