「花粉症の根本治療には【姿勢と自律神経】」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

花粉症の根本治療には【姿勢と自律神経】

花粉症の根本治療には【姿勢と自律神経】

 

 

 

 

 

 

春が近づいてきて暖かくなってくると

気分がウキウキしてくるものですが、

一方で「あの季節がやってきたか〜」と

憂鬱になってしまう人も。

そうです、『花粉症』です

 

コラムでも何度か書いたように

『花粉症』は免疫機能の乱れ、

自律神経系のバランスが上手く取れていないことが

主な原因です

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つ

このバランスが上手く取れていないことで

免疫機能が弱まり、

アレルギーや花粉症といった症状に現れます

 

薬を飲んだり、注射を打ったり、マスクをしたり

といった対策をされている方も大勢いらっしゃると思います

すでに鼻水やくしゃみといった症状が出てしまっている人には

薬を飲んだりして症状を軽減させることも必要ですが

今後ずーーーと薬に頼るのではなく、

根本治療を目指したほうが当然いいですよね

 

となると、自律神経の乱れを改善していくことが

花粉症やアレルギーの対策となってきます

 

 

自律神経の乱れを改善していくには

生活習慣や食べ物も変えていく必要がありますが、

何と言っても

『姿勢』

です

 

デスクワークの人に多いのですが、

猫背の人は胸郭が丸まり

肺や横隔膜が圧迫されています

また、スマホをよく見ている人も同じように

身体が丸まってしまっています


みぞおちには太陽神経叢という

自律神経の塊があります

横隔膜が大きく動くことによって

この太陽神経叢が刺激・マッサージされ

自律神経がきちんとバランス良く働くのです

 

しかし、現代人は猫背の姿勢でいることが多く、

緊張やストレスで息を止めていたり、呼吸が浅くなっているので

この太陽神経叢への刺激・マッサージが少なくなり

結果的に自律神経のバランスが悪くなっているのです

 

ですから、

花粉症やアレルギーを根本的に治したい人は

姿勢や体の骨格を整えて

自律神経のバランスを直す

これが最も大事なんです!

 

そのほか、花粉症の対策にはこんなことも効果的です


睡眠 を十分とる。

● 疲労 をためないようにする。

    冬〜春は入試や卒業、入学・入社など環境が変わることも多く、

   身体は思った以上に疲れています。

   疲れは免疫力の低下につながってしまいます。

運動や栄養をしっかり摂って体力 を落とさないようにする。

● 普段から、鼻で呼吸を意識する

  鼻の粘膜の鍛練にもなります。

● 定期的に上手にストレス解消できるスケジューリングを。

● 辛い食べ物やアルコールなどの刺激物を控えましょう。

● 喫煙は鼻や眼の粘膜を刺激するのでタバコも控えましょう

 

 

自律神経は姿勢もですが、

生活習慣や食べ物の影響も大きいので

一つ一つ見直していくことが大事です

 

上部に戻る