「腹式呼吸も奥が深い【呼吸法・腹式呼吸】」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

腹式呼吸も奥が深い【呼吸法・腹式呼吸】

腹式呼吸も奥が深い【呼吸法・腹式呼吸】

 

 

 

 

 

 

新学期や新年度、新しい環境で

いろいろと緊張する場面が増える季節です

緊張しすぎると普段ならなんでもないことが

全然できなくなってしまい失敗してしまったなんてことも。

 

人は緊張すると呼吸が止まってしまいます

そこで緊張をとこうと深呼吸したりします

 

深い呼吸をすると酸素がたくさん入り

血液循環が上がるとともに、

自律神経の交感神経優位から副交感神経が活性化され

バランスが取れるようになるので

緊張が緩むのです

 

深い呼吸というと腹式呼吸があげられますが

実は腹式呼吸にも2種類あるって知ってました?

 

息を吸った時にお腹を膨らませ、

吐く時にお腹が凹む”順式”

息を吸った時にお腹を凹ませ、

吐くときにはお腹が膨らむ”逆式”です

 

どちらの腹式呼吸も横隔膜が大きく動き

内臓もマッサージされて

自律神経のバランスを整えたりする効果がありますが、

あまり一般的ではないこの”逆式腹式呼吸”のほうが

より効果的だと言われています

 

順式よりも内臓やお腹や背骨まわりの筋肉を

より積極的に動かすため、

内臓やインナーマッスルの活性化に

より効果的です。

下腹部(丹田、肚)へ意識が集中されるため、

精神も集中されやすいので

武道や座禅などに多く取り入れられています。 

 

逆複式呼吸により

副交感神経が活性化


⇒副交感神経が働き筋肉がゆるむ


⇒筋肉の中を通る血液、リンパの流れ、神経の伝達がよくなる


⇒血液・リンパの流れが良くなり代謝や消化の改善に繋がり

 神経伝達が良くなることで身体の痛みやコリ、しびれの改善になります

 

これらにより

リラックス、疲労回復、肩こりや腰の痛みの軽減、

不眠・便秘・冷えの改善などの効果に繋がります。

現代人は交感神経が優位になりがちなので

副交感神経が活性化されることで、

自律神経バランスを整えることができます。

 

一般的な順式の腹式呼吸に比べると、

慣れるまで時間がかかるかもしれませんが

積極的に深呼吸の効果を上げたいというときには

ぜひ試してみてください

 

ちなみにひだか道場で開催している

ひだか道場 体幹レッスンでも

この”逆式腹式呼吸”をやっていますよ〜♪

上部に戻る