「その座り方、NGです【姿勢と腰痛】」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

その座り方、NGです【姿勢と腰痛】

その座り方、NGです【姿勢と腰痛】

 

 

 

 

 

 

普段座る時、

どれくらい姿勢を意識していますか?

 

電車や車、あるいはソファなど、

昔の日本人に比べて

現代人は背もたれのある椅子に座ることが多くなりました

 

最近はふかふかの触り心地の良い生地を使っていたりするので

快適に座っているという方も多いでしょう

しかし、姿勢という面から考えると

良い姿勢で座るというのは案外難しかったりします

 

骨盤が後傾した「仙骨座り」になっていることが多いのです

 

仙骨とは骨盤の真ん中、尻尾のようになっている

三角形のような形をした骨のことです

この仙骨が立った状態ではなく寝てしまい

座面に当たっている座り方が「仙骨座り」です

 

背もたれが垂直になっておらず、

もたれると体幹が斜めになり

また滑りやすい素材になっていることもあり

お尻が前方に滑って

結果、「仙骨座り」になってしまいがちなのです

 

骨盤がたった良い姿勢で座っていると

背骨は自然なS字ラインとなり

しっかり体重を骨で支えられるのですが、

仙骨座りを続けていると

背骨にまっすぐ体重がかからず

斜めになってしまい、その姿勢を支えるために

背中の筋肉が不必要に使うことになるのです

背中の筋肉が硬くなり、つながっている腰の筋肉の

硬さや張り、腰痛へとなってしまいます

 

さらには骨盤が後傾しているので

立ったときや歩行時にも骨盤は股関節の動きが低下し

よくあるお年寄りの背中が曲がったような姿勢になってしまいます

 

最近はお年寄りだけでなく

子どもや若い人にも

姿勢のバランスが悪くなっている傾向がありますので

座るときの姿勢、ぜひ気をつけて

「仙骨座り」になっていないかチェックしてみましょう

上部に戻る