「脚はどこから?動きの質を変える【体幹・大腰筋・姿勢・美脚】」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

脚はどこから?動きの質を変える【体幹・大腰筋・姿勢・美脚】

脚はどこから?動きの質を変える【体幹・大腰筋・姿勢・美脚】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入学式や入社式の季節ですね〜

新しい制服やスーツに身を包んだフレッシュマンたちが

さっそうと歩いて行く姿は気持ちがいいですね!

 

今日はその歩く姿勢、脚についてです

 

では質問です

「どこからが脚でしょうか?」

 

一般的に股関節から下が脚だと思っている人が多いです

 

確かに骨格的には骨盤に太ももの大腿骨という骨が

くっついているのですが、

運動学的に言えばもっと上、

おへそのあたりから脚がついている、

と考えてください

 

脚を動かす筋肉、大腰筋は肋骨の終わり(胸骨12番)から

はじまるです。


大腰筋は、大腿骨を屈曲します。
ウエストの一番上あたりから、脚がはじまっています

 

ひだか道場では

体幹の話をよくさせてもらっていますが

脚についても同じで

体幹から大腰筋で脚が繋がっていると考えてください

 

この意識が有ると無いとでは

全く動きの質が変わってきてしまうのです

 

この大腰筋も含めて脚が

体幹からつながっているという意識がない人は

歩いたり走ったりしても

太ももや膝下の動きと筋肉を使うのみなので

疲れやすかったり、大きなパワーを発揮することが

​難しくなってしまいます

ダンスやエアロビなど動きを表現する種目でも

動きが硬かったり、小さな動きで窮屈さを感じてしまいます

 

逆に大腰筋まで意識できている人は

体幹からの力を上手に伝達できるので

動きもダイナミックでパワーも発揮しやすく

かつ、疲れにくくなるのです

 

昔の日本人は

体格的には欧米人に比べて小柄でしたが

互角以上の力を発揮することができていました

 

体幹の大きな筋肉を使い、

身体の末端はチカラが抜けた状態。

 

この状態の身体こそが

日本人の本来の身体の使い方であり、

もっている能力を発揮できるのです

 

運動だけでなく

当然、立ち姿勢や歩く姿勢も

美しく優雅なものへと変わります!

 

大腰筋を使った動きが出来るようになるには

訓練をしていくことが必要ではありますが、

まずは意識するだけでも変わってきますので

ぜひ試してみてくださいね
 

立ち姿や歩く姿勢が

かっこよくなりますよ!

 

 

上部に戻る