「秋の夜長 眠れないときにも【体幹チューニング】」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

秋の夜長 眠れないときにも【体幹チューニング】

秋の夜長 眠れないときにも【体幹チューニング】

昼間はまだ暑さが残る日もありますが、

朝晩は涼しくなりめっきり秋らしさを感じる季節になりましたね

昔から秋の夜長といいますが

眠れない時はみなさんはどうしていますか?

 

定番なのは「読書の秋」ということで、

本を読んで過ごすという方もいるかもしれませんね♪

 

睡眠は脳と身体を回復させるために重要な時間ですので

質と量を伴った睡眠をとることが身体にとってとても重要です

 

ですので、一時的に眠れないならまだしも、

慢性的に眠れていない、

眠りが浅くて何度も目が醒めてしまう、

朝起きた時に疲れが取れていない、、、

といった症状があるとなると、改善する必要があります

 

これらの眠れない原因には大きく分けると2つあります

1.自律神経のバランスの欠如

2.筋肉の緊張

です

 

自律神経のバランスで言えば

交感神経と副交感神経がうまく切り替わらないといけません

日中しっかり活動するときには交感神経が優位になっていなければいけませんが

眠る前には副交感神経優位でリラックスした状態になっていないと

なかなか寝付けないことになります

 

また、身体の方も筋肉がガチガチに緊張していたり、

身体の材料となる栄養素が不足していたりすると

回復・修復することが出来ずに

睡眠時間は長くても、朝起きるとスッキリしないということになってしまいます。

 

そこでおすすめしたいのが【体幹チューニング】です!

 

体幹チューニングは横隔膜をゆるめ、

みぞおち付近の自律神経の塊である太陽神経叢(たいようしんけいそう)を

呼吸によって刺激することになるので

自律神経のバランスが整いやすくなります

 

また、横隔膜が大きく動くようになると内臓をマッサージすることにもなるので

内臓の機能が高まり、栄養の吸収や回復力が上がることになります。

 

交感神経優位から副交感神経優位になり、

内臓がポンプのように動くことで血流があがり、

横隔膜が大きく動いて深い呼吸ができるようになると全身に酸素が行き渡るようになり

結果的に身体の緊張がとれます。

 

【体幹チューニング】を受けた方に聞くと

「いかに今まで自分が無意識のうちに緊張してガチガチになっていたのか」、

気がついたとおっしゃる方も大勢います!

 

夜、眠れないというお悩みを抱えている方はぜひ

【体幹チューニング】で心も体も緩めるということを試してみて下さい♪

薬やお酒に頼らなくてもぐっすり眠れるようになりますよ〜

 

 

 

上部に戻る