「週明けのだるさは〜ブルーマンデー症候群」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

週明けのだるさは〜ブルーマンデー症候群

週明けのだるさは〜ブルーマンデー症候群

長い連休の後や週明けの月曜日になると、なんとなく身体がだるい、会社や学校に行くのが憂鬱になる、などの症状をブルーマンデー症候群といいます。

普段の平日はそんなに気にならないという場合には、週末の過ごし方に問題があるかもしれません。

 

ブルーマンデー症候群の原因の一つに考えられるのは、実は時差ボケです。

 

休み前の金曜日の夜には、夜更かしして遊びや飲みに行って遅くまで起きていたり、休みの日は昼過ぎまでゴロゴロ寝ていたり、家の中でまったり過ごしていることが多い、週末は夜型生活になることが多い、などの人は要注意です。

 

なぜなら、こうした時間の過ごし方をしていると平日とのギャップで、海外旅行に行ったときのように身体は時差ボケしてしまうのです。

 

日本人は特に平日の睡眠時間が短く、休日にその不足分を取り返そうとたっぷり寝て、寝だめをしているという人はこの週末時差ボケ状態になっている疑いがあるのです。

 

週末の二日間、夜型生活を過ごしたり、昼ごろまで寝て過ごしていると、睡眠リズムが気が付かないうちにずれてしまい、睡眠不足になっているので、月曜日の朝がだるくなってしまうのです。

 

ブルーマンデー症候群を防ぎ、月曜日を元気に迎えるためには休日はあまり遅くまで寝ていないで、いつもよりもせいぜい2時間程度までにする、日中はなるべく陽の光を浴びられるように、外出する、などの工夫をすることがポイントです。

 

身体は自分が意識している以上にきちんとした体内時計のリズムで、動いています。休日ぐらいはダラダラと過ごしたい、という気持ちはわかりますが、学校や仕事でバリバリ活躍したい、という人は平日と全く同じリズムで、というのは大変かもしれませんが、なるべく近い生活リズムで過ごすように心がけをしてみると良いかもしれません。

上部に戻る