「身体のサビ 活性酸素とは」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

身体のサビ 活性酸素とは

身体のサビ 活性酸素とは

私たちは呼吸によって酸素を体内に摂取し食べたものを燃焼させてエネルギーを生み出し生命活動を維持しています。その過程の中で発生するのが活性酸素です。

1日に摂り込んだ酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。

 

活性酸素は非常に強い殺菌能力と抗酸化作用を持ち、ウイルスや最近を撃退するという大切な役割がありますが、増えすぎてしまうと正常な細胞や遺伝子まで酸化してしまうので問題だとされているのです。

 

・白髪が増えた

・髪が抜ける

・視力が衰えた

・骨や歯が弱くなった

・疲れやすくなった

・風邪をひきやすくなった

などの老化現象、ガンなどのさまざまな病気の原因になるほか、血管や皮膚の老化を促進し、動脈硬化といった現象も活性酸素が関与していると言われています。

 

活性酸素は呼吸以外に、紫外線や大気汚染、化学物質、電磁波、農薬などのさまざまな環境因子や偏った生活習慣、ストレスによって増えてしまうことが分かっています。

 

適切なバランスであれば身体にとって有益な活性酸素も増えすぎてしまうと逆に有害になってしまうのはほかの物質と同じです。

 

活性酸素対策としては2つ、まず一つ目は活性酸素を増やさないようにすることです。ストレスを溜めない、禁煙する、深酒をしない、適度な運動をする、電磁波対策をする、浄水器などで水道水に含まれるトリハロメタンを除去する、安易に薬を飲まない、食品添加物や残留農薬に留意する、化学物質の使用を避ける、充分な睡眠をとる、バランスのとれた食生活を心がける、などといったことが大切です。

 

2つめは発生した活性酸素をすばやく消すことです。代表的なものは酵素と抗酸化物質です。活性酸素を除去してくれる酵素の働きは40代頃から落ちてくると言われているので、その分を食べ物から補うのが有効だとされています。

抗酸化力を高める食品としてはビタミンCとEが多く含まれる果物や野菜、ナッツ類、ベータカロチンを多く含む緑黄色野菜や柑橘類、ポリフェノールを含む珈琲や紅茶のほか、緑茶などに含まれるカテキン、トマトやスイカに含まれるリコピン、玉ねぎやしそに含まれるフラボノイド、ごまに含まれるセサミノールといった栄養素を食事に摂り入れる工夫をすることが良いとされています。

 

活性酸素は身体に必要なものでもあり、多すぎれば有害となってしまうものである、ということはいかに日常生活でバランスのとれた生活習慣を送るか、が大切な事となります。高齢化社会を迎え、いつまでも若々しく健康で痛いという願いを叶えるためには日々の積み重ねが大きな差となるのです。

上部に戻る