「隠れ冷え性・低体温」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

隠れ冷え性・低体温

隠れ冷え性・低体温

慢性的な痛みや不調の原因の一つとして、メルマガでも取り上げている『冷え・低体温』。体温が1℃上がると、免疫力が30%、代謝も15%アップすると言われています。

 

体温計を使って自分の体温を測ったことは誰でもあると思いますが、ココで大事なことは、自分では体温が高いと思っている人でも、中には隠れ冷え症・低体温の人もいるということです。

 

どういうことかというと、普通は体温を測る時、体温計を脇の下に挟んで体温をはかりますね。あるいはおでこや耳の穴の体温を測る場合もあります。

もちろん、こういった部位の体温も大事なのですが、実は内臓が冷えてしまっている人がとても多いのです。

 

こんな人は要注意です。

・唇がひび割れ、乾きやすい

・よく胃が痛くなる

・イライラする事が多い

・ストレスを感じやすい

・顔のシミやくすみが気になる

・乾燥肌だ

・足のむくみが悩み

・身体がだるく疲れやすい

・肩こり腰痛がひどい

・睡眠が浅い

・便秘

・コーヒーやビールをよく飲む

・姿勢が悪いと言われる

 

内臓の温度は家庭ではなかなか測ることが難しくて、深部体温計という機器を備えた専門機関でないと正確に測ることが出来ないのですが、たくさん当てはまったひとは内臓が冷えてしまっている可能性が高いと言えます。

 

内臓温度は身体の表面の温度より1〜2℃高く、37.2〜38℃くらいが理想だと考えられています。内臓が冷えてしまうと、ガンや腎臓病、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病、風邪、インフルエンザなど重大疾患や生活習慣病、感染症にかかりやすくなってしまいます。

 

また、基礎代謝が落ちるので太りやすくなります。肩こりや腰痛、便秘、胃もたれなどの症状が現れるほか、自律神経の働きにも影響し、イライラや集中力の欠如、やる気といった精神的なものと考えられているものにも関係性が指摘されています。

 

上に挙げたような項目にたくさん当てはまったという人は、内臓を冷やさないような生活習慣を心がける必要があります。

上部に戻る