「リッキーガット症候群」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

リッキーガット症候群

リッキーガット症候群

日本人の多くが悩むアレルギーやアトピー、肌荒れ、喘息、偏頭痛、便秘、肥満、うつなどさまざまな症状を引き起こす原因の一つと考えられているのがリッキーガット症候群と呼ばれるものです。

 

日本名では腸管壁浸漏症候群という難しい名前ですが、漢字にあるように腸の粘膜に穴が空いて、未分解の食べ物やウイルス、細菌などが血液中に漏れ出てしまい、全身を巡ることでさまざまな症状を引き起こすと考えられているのです。

 

本来、食事でとった栄養は、消化の過程を経て小さな分子に分解され、腸から体内に吸収されますが、未消化で大きな分子のままのものや有害物質、病原菌などは腸粘膜で〝ふるい〟にかけられ、体内に入り込まないようになっています。

しかし、リッキーガット症候群になるとこの腸粘膜のふるいが機能せずに、体内に取り込まれてしまうので、これらを異物であるアレルゲンとして反応してしまうのです。

 

まだまだあまり知られていませんが、日本人の7割がすでにこのリッキーガット症候群になっているという医師もいます。

 

原因としては細菌や真菌、食品添加物、化学物質、抗生物質やステロイド剤など医薬品、ストレスなどのほか、腸内の悪玉菌のエサとなる砂糖やアルコール、たんぱく質、グルテンなどの過剰摂取と言われています。

 

これらが腸内で炎症を引き起こし、リッキー(漏れやすい)ガット(腸)として、腸の粘膜に穴を空けてしまうのです。

 

原因不明とされる体調不良はこのリッキーガット症候群を疑うべきだと主張する人もいます。

 

リッキーガット症候群を予防し、改善していくには腸内フローラを活性化させていくことが大切だとされています。

偏った食生活や乱れた生活習慣の改善、腸の炎症を抑えるオメガ3を多く含む油や発酵食品を食生活に取り入れることも効果的だと言われています。

 

腸は免疫機能の中核を担うとされていますが、やはり腸内環境をしっかりと整えていくことが、健康の近道になるのです。

上部に戻る