「睡眠不足は肥満を招く」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

睡眠不足は肥満を招く

睡眠不足は肥満を招く

世の中にはさまざまなダイエット方法が溢れ、いろいろな情報が流れていて、ダイエットに関する人々の関心の高さを感じさせます。

 

見た目の印象も大きく変わりますし、なんと言っても肥満は生活習慣病の大きな要因の一つとされ、動脈硬化や高血圧、心不全などのリスクを高めるということもあり、健康面でも気にしている人が多いのではないでしょうか。

 

そんなダイエットですが、意外なことに肥満と睡眠不足に関係があるということが分かってきて、きちんと睡眠をとるとダイエットにつながるというのです。

 

コロンビア大学で行われた調査では、7〜9時間眠っている人と5時間しか眠っていない人の肥満度は50%高く、4時間以下しか眠っていない人となると肥満度が73%も高かったということです。

また、睡眠時間が短い人は、一日あたりのカロリー摂取量が350〜500キロカロリー余分に多かったということです。

 

これは食欲を増進させるホルモン、グレリンと食欲を抑制するホルモン、レプチンが関係しています。

 

グレリンの血中濃度が高くなると「食べたい」という欲求を強くするため、過剰に分泌されると食べ過ぎ、ドカ食いを招くことになります。

 

この食欲増進ホルモン、グレリンと食欲抑制ホルモン、レプチンは睡眠時間が短くなると血中のグレリン濃度が上がり、逆にレプチンは減少してしまうのです。

 

つまり、睡眠不足の人は食欲が増してしまうため太りやすいというのです。

 

また、食欲だけでなく、糖質や脂質を欲する欲求も強くなりやすく、お菓子やラーメン、ジャンクフードといったものを食べたくなるとも言われています。

 

そのため、体重、ウエスト、体脂肪率といった数値も悪くなりやすいのです。

 

ハードな運動や高価なサプリメント、厳しい食事制限などをしてもなかなかダイエットがうまくいかないという人は、まず睡眠不足になっていないかどうかをチェックしてみてください。

睡眠不足の解消がダイエット成功の近道かもしれませんよ。

上部に戻る