「リンパの流れ」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

リンパの流れ

リンパの流れ

私たちの身体の健康の上で欠かせないのが循環です。

循環というとまず思い浮かべるのは血液の流れ、血流ですが、もう一つ欠かせないのがリンパ液の流れです。

 

身体の中には血液の流れる血管と、リンパ液が流れるリンパ管が網の目のように張り巡らされています。

 

リンパ液は全身から細胞活動から生じた老廃物を集めて運び、最終的には静脈へと合流した後、体外へ排出する役割があります。

 

リンパ管は血管に沿うように走っていますが、血管と異なるのは、血液が心臓をポンプにして全身に送られるのに対し、リンパ液には心臓のような器官がないことです。

リンパ管のところどころに太くなった豆状の組織、リンパ節が存在しており、このリンパ節が筋肉の動きによって圧迫されることでリンパ液は先へと流れていくのです。

 

そのため、リンパ液の流れを促進するには筋肉がよく動くことが大事になります。

 

リンパ液は老廃物を循環させる役割がありますから、このリンパの流れが滞ることは体内に老廃物が溜まってしまっているということです。

そんなリンパ液の流れが滞っている症状の代表格がむくみです。

 

昔の人に比べて、現代人は運動量そのものが少なくなっており、筋肉の動きが不足しがちです。同じ姿勢で長時間いることも少なくありません。

ストレスによる呼吸の浅さから、呼吸筋の運動量も減っています。

また建物内の冷暖房が効いていることもあり、筋肉の収縮も少なくなる傾向にあります。特に夏場の過度の冷房は身体全体を冷やし血流とリンパの流れを滞らせてしまいます。

このように考えると、現代はリンパの流れが悪くなりやすい環境だとも言えるのです。

 

リンパの流れは例えるとトイレの排水口です。むくみはトイレが詰まっているのと同じことなのです。だからこそ、リンパの流れを良くして、むくみを解消することは美と健康に直結するのです。

上部に戻る