「褐色脂肪細胞」コラム

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪ メールからのお問い合わせ

コラム

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞

ダイエットをしている人にとって、脂肪は大敵、できるだけ少ないほうが良いと考えるものですが、この褐色脂肪細胞はちょっと違います。

 

一般的に脂肪と聞いてイメージするのは正確に言うと白色脂肪細胞というものです。白色脂肪細胞は、細胞の大部分で脂肪を貯蔵しており、エネルギーを作り出すミトコンドリアも少なく、見た目もぶよぶよといった感じです。

 

一方、褐色脂肪細胞は細胞内にエネルギーを生み出すミトコンドリアがたくさんあり、細胞内の脂肪を使って熱を作り出す働きをしている重要な細胞です。

 

赤ちゃんの時期、肩甲骨や首、胸、脊髄などに褐色脂肪細胞は多く存在しています。これは赤ちゃんがまだ身体を震わせて熱を作り出せないため、褐色脂肪細胞の働きで脊髄の温度低下を防ぐためだと考えられています。

 

震えによって熱を作り出すことができるようになってくると、褐色脂肪細胞は減ってきて、代わりに脂肪を貯蔵する白色脂肪細胞が増えてきます。

 

こうして成長とともに褐色脂肪細胞は減っていくものなのですが、実は褐色脂肪細胞は痩せている人や寒い環境では発達していることが分かっています。

 

肩甲骨や背中に褐色脂肪細胞は存在していますから、この周辺の部位を積極的に動かしてあげたり、寒冷刺激を与えることで褐色脂肪細胞を活性化させることができるのです。

 

もちろん、冷やし過ぎはよくありませんが、定期的に寒冷刺激を与えてあげることは体温調節機能を向上させてくれるのです。

 

冷水シャワーやアイスノンのようなものを首肩周りに当ててあげるだけでも褐色脂肪細胞が活性化するという実験もありますが、冷やしつつ肩周りを動かす運動としておすすめできるのは水泳です。

クロールや平泳ぎなど、日常生活ではなかなか大きく動かさない腕・肩周りを動かすので、定期的な運動習慣として取り入れてみるのも良いかもしれません。

上部に戻る